02:40 2018年10月23日
ポンペオ国務長官

米国務長官 金正恩氏は自分との会談で北朝鮮の非核化を保障する構えを示していた

© AFP 2018 / Jim Watson
政治
短縮 URL
0 40

ポンペオ米国務長官は朝鮮民主主義人民共和国の指導者、金正恩氏は自分との会談で朝鮮半島の非核化を保障する構えを見せたことを明らかにした。

スプートニク日本

ポンペオ長官はホワイトハウスでのブリーフィングで記者団に対し、「彼(金正恩氏)は会談時、私に対して個人的に非核化に向かう構えを示した。これは勇気のいる決定であり、我々は大きな変化が起きることに同意する必要がある。非核化プロセスは何年も引きずってはならないということを理解していると語った」と明かしている。

長官は、関係正常化にも完全な非核化のためにも勇気ある決定をとらねばならないと指摘した。

「このため私は金正恩氏が自国のためにこうした決定をとる構えであると期待している。」

ポンペオ長官は米朝首脳会談の準備の枠内で4月と5月の2度、ピョンヤンを訪問しており、その都度金正恩氏と会談をもっている。

関連ニュース

北朝鮮非核化へ緊密連携 首相、トランプ氏と会談

正恩氏、米朝首脳会談での暗殺を警戒=米メディア

タグ
北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント