20:36 2018年11月22日
アンゲラ・メルケル独首相は、ロシアのG8復帰に反対の意を示した。第2ドイツテレビが伝えた。

ロシアのG8復帰に反対=メルケル氏

© REUTERS / Fabrizio Bensch
政治
短縮 URL
3318

アンゲラ・メルケル独首相は、ロシアのG8復帰に反対の意を示した。第2ドイツテレビが伝えた。

スプートニク日本

メルケル氏は、ロシアを再びサミットの枠組みに加えることは、ウクライナ危機の問題解決には何の意味も持たないと主張する。フランス、カナダ、EU諸国が同氏の主張を支持している。同氏は先週にも、ロシアのG8復帰に関しての議論を拒否した。同氏は、「ロシアが国際法を侵害している以上、復帰は不可能である」と述べる。

また、カナダのケベック州にて開催される、先進7ヵ国首脳会議(G7サミット)にロシアが参加すべきであるとするドナルド・トランプ米大統領の主張を受け、メルケル氏は反対の立場を明らかにした。

トランプ氏の発言に対してロシア側も反応を見せている。ドミトリー・ペスコフ露大統領報道官は、ロシアはG8復帰を重要視していないことを伝えた。

G7は1998年、ロシア参加後G8となったが、クリミア併合を機にロシアが除外され、再びG7となった。現在はドイツ、米国、カナダ、日本、フランス、英国、イタリアの7ヵ国がG7を構成している。

関連ニュース

G7、対露制裁強化の用意を表明

タグ
G7, 米国, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント