09:27 2018年06月21日
上海協力機構で首脳宣言を採択

上海協力機構で首脳宣言を採択

Press Office of the President of Russian Federation
政治
短縮 URL
1112

中国山東省青島市で9日に開催された上海協力機構(SCO)首脳会議で、首脳らが青島宣言を採択した。スプートニクが報じる。

スプートニク日本

SCO加盟国首脳理事会第18回会議の最終文書は、調印式で記者団の前で調印された。調印したのは中国、ロシア、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、インド、パキスタンの計8カ国の首脳。

計17個の文書が採択された。なかにはSCO加盟国の長期間の善隣・有効・協力条約の条項実現に向けた2018年〜2022年にかけてのアクションプラン承認や、SCO加盟国がテロリズム、分離主義、過激主義への対抗に向けた協力プログラムを承認するSCO加盟国首脳理事会の決議などがある。

首脳らはまた、2018年〜2023年のSCO加盟国の反薬物戦略を承認する決議に調印した。

関連ニュース

G7、貿易で首脳宣言発表へ 米輸入制 限、批判噴出も

タグ
経済協力, 上海協力機構, イラン, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント