14:23 2020年05月30日
政治
短縮 URL
262
でフォローする

先進7カ国(G7)の首脳らがカナダでの首脳会談で、25%の時間を使ってロシアについて議論したため、仮にロシアがその場にいればより良かっただろうと、トランプ米大統領が述べた。

スプートニク日本

メルケル首相とトランプ米大統領
© AFP 2020 / Brendan Smialowski
トランプ大統領はFOXニューステレビとのインタビューで、「実は、我々はロシアについて議論しながら、およそ25%の時間を費やした。そのため、仮に(ロシアが)ここにいればより良かっただろうと私は言った。私はロシアを支持しているのではない、米国支持だ」と述べた。

トランプ大統領によれば、仮にプーチン大統領がG7首脳会談に出席していれば、2人はその機会を利用してシリアやウクライナでの情勢を議論できただろうという。

タグ
G7, ドナルド・トランプ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント