05:18 2020年01月30日
政治
短縮 URL
3416
でフォローする

安倍晋三首相は16日の読売テレビ番組で、日本人拉致問題の解決に向けて「金正恩朝鮮労働党委員長の大きな決断が必要だ」と促した上で「北朝鮮と信頼関係を醸成していきたい」と表明。北朝鮮の完全非核化に関する費用を拠出する国際的枠組みを設ける可能性にも言及。「何らかの国際約束はあり得る。そういう交渉は続けることになる。例えば、北朝鮮の核廃棄へ機構を作って進めることになる」とした。

スプートニク日本

米大統領による米韓合同軍事演習の中止表明に理解を示すと同時に「北朝鮮は米国の善意をしっかりと受け止めて行動を示すことが重要だ」と述べ、北朝鮮が非核化へさらに具体的な措置を取るよう求めた。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

モンゴルで日朝当局者が接触 拉致問題巡る政府の立場伝える

米朝首脳会談は60点?共同声明に隠された北朝鮮の譲歩とは

タグ
拉致問題, 韓国, 北朝鮮, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント