12:24 2020年01月29日
政治
短縮 URL
3287
でフォローする

トランプ米大統領は、テロ行為の増加と関係し、欧米における移民問題を非常に深刻に捉えている。トランプ氏は先進7カ国(G7)サミットでマクロン仏大統領に、「全てのテロリストはパリにいる」から、テロ問題はよく知っているだろうと発言。さらに安倍首相にも再三この問題に言及した。米政治専門紙「ザ・ヒル」が報じた。

スプートニク日本

イランとテロリズムでの議論でトランプ氏はマクロン氏に対して次のように発言。

「このことは知っているはずだ、エマニュエル。全てのテロリストはパリにいるからね。」

さらに安倍首相に対し、欧米が抱えるような移民問題が日本にはないと繰り返し述べた。

「シンゾー、君にはこの問題がない。だが私は君に2500万人のメキシコ人を送ることができるし、そうなれば君はすぐにも退陣になる。」

ウォール・ストリート・ジャーナル紙はEU高官筋の話として、同席していた人は苛立ちを感じつつも「理性的かつ平静であろうとしていた」と伝えた。

関連ニュース

タグ
びっくり, 移民, テロ, 戦争・紛争・対立・外交, エマニュエル・マクロン, ドナルド・トランプ, 安倍晋三, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント