05:59 2018年10月20日
ドイツはIAEA、OSCE、オーストリア政府などを狙ったスパイ活動をしていた

ドイツはIAEA、OSCE、オーストリア政府などを狙ったスパイ活動をしていた

© Sputnik / Igor Zarembo
政治
短縮 URL
117

ドイツ連邦情報局は、国際原子力機関(IAEA)、欧州安全保障協力機構(OSCE)、大使館、オーストリア企業などの通信ネットワークを狙ったスパイ活動を行っていた。プロフィール(Profil)誌が伝えた。

スプートニク日本

ジャーナリストらが、ドイツの情報機関が1990年代末からオーストリア国内で活動していた情報を入手したという。

スパイ活動の対象となったのは、省庁、大学、寺院、非政府組織など約2000の標的。

プロフィールによると、ドイツは2000年代初めから大使館、IAEA、OSCE、国連薬物犯罪事務所(UNODC)、その他の機関のネットワークの監視を開始した。

関連ニュース

ウィキリークス メイ英首相はアサンジ氏監視に19億円以上を浪費

米国家安全保障局 2017年で5億件以上の通話を盗聴

タグ
IAEA, 国連, OSCE, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント