05:07 2018年07月19日
国連事務総長、平和に対する最大の挑戦を指摘

国連事務総長、平和に対する最大の挑戦を指摘

© REUTERS / Denis Balibouse
政治
短縮 URL
215

中東における状況が国際共同体にとっての最大の挑戦であると、国連のグテーレス事務総長は考えている。グテーレス事務総長は18日、フィンランド大統領の夏の別荘、クルタランタで行われているディスカッションクラブの一環で演説した。

スプートニク日本

グテーレス事務総長は、「諸問題は全地球的なものであり、これらの問題の解決は全地球的レベルで行わなければならない。信頼の欠如が大きな問題となっている。挑戦の数は多く、そのうち最も大きなものが中東だ。イスラエルやイランなど、数多くの国があり、これらの国々は共通の原則に従っているのではない。紛争を予防するためのメカニズムがないのだ」と述べた。

国連事務総長はまた、サイバー戦争の可能性に関して危惧を表明。グテーレス事務総長の言葉によると、似たような戦争の具体的な事例のいくつかについて、グテーレス事務総長は知っているものの、これらの事例について自らの演説では挙げなかった。

グテーレス事務総長は、「将来、2つの国の間で戦争が起こる場合、大規模なサイバー攻撃が発生する可能性について、私は疑っていない。これは、防衛システムだけでなく、社会の重要インフラにも関わることだ。そして世界は、このことに向けて準備ができていない」と強調した。

タグ
国連
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント