13:16 2018年07月19日
トランプ氏とプーチン氏

「欧州にとって悪夢」 独メディア、トランプ・プーチン両大統領の取引可能性の評価掲載

© Sputnik / Michael Klimentyev
政治
短縮 URL
2204

欧州を迂回する露米間の取り引きは、欧州にとっての悪夢的シナリオに変化する可能性があると、独紙「ヴェルト」が伝えている。ロシアのプーチン大統領とトランプ米大統領の会談の結果として、北大西洋条約機構(NATO)の東部境界線におけるNATO軍事演習への参加中止について、米政府が同意する可能性があるとしている。これに応えてロシア政府は、同国西部での演習を放棄するかもしれないという。

スプートニク日本

同紙の見解によれば、米国のこのような決定は米国の軍事機構を弱体化させる可能性がある。一方、ロシア政府の攻撃能力は変化しないと指摘されている。

それ以外に同紙は、両指導者の交渉の結果、対ロシア制裁が緩和されることになれば、欧州も経済的制限措置を解除しなければならなくなると主張している。

これに先立ち、ロシアのウシャコフ大統領補佐官が、露米両政府が第三国でのプーチン・トランプ両大統領の会談について合意したと発表した。ウシャコフ補佐官によると、関係発展における両国の今後の措置を示す共同声明について、両大統領が合意する可能性があるという。

関連ニュース

露米、首脳会談について合意

タグ
ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント