23:30 2018年07月16日
ロシアのリャプコフ外務次官

露外務省 明日東京で米ミサイルポテンシャルの拡大を討議へ

© AFP 2018 / Fabrice Coffrini
政治
短縮 URL
0 41

ロシア外務省のセルゲイ・リャブコフ次官は7月4日に東京で実施される協議でこの地域における米ミサイル防衛システムの拡大について取り上げる構えを明らかにした。

スプートニク日本

リャブコフ外務次官は、戦略安定を提起する協議では「憂慮を呼ぶ」事項も含め多くの問題が取り上げられると語っている。

リャブコフ外務次官は「特に米国が連合国と連携し、この地域で自国のMDを拡大していること。この重要なブロックについて、明日の協議で話し合うつもりだ」と述べた。

これより前、リャブコフ外務次官はロシア議会上院(連邦会議)で演説した中で米国は日本に地上型の複合体を配備し、アジア太平洋地域における中距離核戦力全廃条約に違反していると指摘していた。

関連ニュース

安倍首相の対露政策は、クリル諸島でダメになる:欧州の専門家の見解

露日は市場の相互開放のバランスを見つける必要=露経済発展次官

タグ
露日関係, ロシア外務省, 米国, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント