13:14 2018年07月19日
ジャビド英内相(アーカイブ写真)

英内相、ロシアに説明求める 新たな「ノビチョク」被害で

© REUTERS / Stefan Wermuth
政治
短縮 URL
スクリパリ氏服毒事件 (92)
3113

英エイムズベリーで男女2人が神経剤「ノビチョク」の被害を受けたとして、ジャビド英内相はロシアに説明を求めた。エイムズベリーは、3月はじめにロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐とその娘ユリアさんが毒殺未遂事件に遭った英ソールズベリーから11キロ離れた場所にある。英紙デイリースターが報じた。

スプートニク日本

ジャビド内相は庶民院(下院)で「全世界がロシアに注目している。そして理由はワールドカップだけではない。何が起きたのかそろそろ説明する時がロシア政府に訪れた」と指摘した。

英紙デイリースターによると、ジャビド内相はまた、ロシア政府が英国の安全保障を損なっていると非難し、内務省がそのような行動に断固として対応すると付け加えた。「英国の人びとが意図的ないし偶然の標的になり、英国の通り、公園、街が毒溜めになることは決して容認されない。」

ロシア政府は一方、治安当局レベルを含む協力の用意を示しつつ、英ソールズベリーとエイムズベリーの事件に対する本格的な調査を立ち上げることを英国政府に一度ならず提案。しかし答えはまだ受け取っていない。

ロシア外務省のザハロワ報道官は非難が根拠の無いものだと反発し、「メイ政府がしてしまったこと全てに対し、ロシアそして国際社会に対して英政府とその代表は謝罪することになる」としたうえで「だが英国でよくあるように、これは後のことだ。だが起きることだ」と主張した。

関連ニュース

トピック
スクリパリ氏服毒事件 (92)
タグ
びっくり, 情報戦, 事件, ロシア, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント