13:37 2018年10月20日
ベルギー外務省高官、トランプ大統領を出迎え サッカーW杯で国王不在

ベルギー外務省高官、トランプ大統領を出迎え サッカーW杯で国王不在

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
政治
短縮 URL
103

ドナルド・トランプ米大統領は10日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が開かれるベルギーのブリュッセルに到着した。フィリップ国王、シャルル・ミシェル首相、ディディエ・レンデルス外相の不在のため、ベルギー外務省の高官が同大統領を出迎えた。

スプートニク日本

仏紙「ル・ソワール」によると、トランプ大統領を乗せた飛行機は、国際空港ではなく軍用飛行場周辺に着陸した。

ミシェル首相は10日、サッカーベルギー代表FW(フォワード)のエデン・アザール選手激励のため、ワロン地域のブライン・ル・コムテへ向かった。一方、フィリップ国王、及びレンデルス外相は現在、ロシアの都市サンクトペテルブルクに滞在中だ。

関連ニュース

トランプ大統領、「ロケット・マン」CDを金委員長に手渡す用意を確認 プーチン大統領にも贈り物を準備

トランプ・プーチン両大統領がどのような合意に達し得るかでNATO内に不安との報道

タグ
NATO, ドナルド・トランプ, ベルギー, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント