13:35 2018年12月19日
NATO首脳会談、イラン情勢の協議へ

NATO首脳会談、イラン情勢の協議へ

© REUTERS / Francois Lenoir
政治
短縮 URL
231

米代表団がベルギー・ブリュッセルに到着し、仏、独、英国代表団と対面した。各国代表団はイラン情勢を協議していく。米政府高官が記者団に伝えた。

スプートニク日本

露、米、英、中、仏、独、及びイランは2015年、イランの核問題を巡る歴史的合意に達し、包括的共同作業計画(イラン核合意)を採択した。当該合意には国際連合(国連)安全保障理事会、米国、及び欧州連合(EU)の対イラン経済制裁の解除が含まれる。

ドナルド・トランプ米大統領は5月8日、米国のイラン核合意離脱を発表した。同大統領はまた、対イラン制裁、及びイランと経済取引を行う第三国に対する「二次制裁」の再開の意向を明らかにした。一方、欧州諸国は同大統領の措置に対して反対の意を表明しており、当該合意を履行する構えを示した。

関連ニュース

トランプ大統領、「ロケット・マン」CDを金委員長に手渡す用意を確認 プーチン大統領にも贈り物を準備

イラン核合意の不履行がもたらすもの=中国外務省

タグ
核問題, NATO, ドナルド・トランプ, イラン, フランス, ドイツ, 中国, 英国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント