21:30 2018年11月19日
欧州安全保障協力機構(OSCE)

ロシア代表団、OSCE議員会議で退席

© 写真 : OSCE/Curtis Budden
政治
短縮 URL
1101

欧州安全保障協力機構(OSCE)議員会議で、ロシア代表団は投票規定の重大な違反に対する抗議の印として退席した。代表団の団長を務めるロシア下院(国家会議)のピョートル・トルストイ副議長が明らかにした。

スプートニク日本

代表団は、OSCE議員会議の会合で2つの対ロシア決議を検討する際の規定違反について発表した。

対ロシア制裁
© Sputnik / Vladimir Sergeev
トルストイ氏は「これらの決議に署名し、ロシアに対して謂れのない非難をした議員らの不在は、OSCE議員会議の規定違反である」と強調した。

また他の国の代表団の代表者らは、「嘲笑的な態度」で演説を行ったという。

OSCE議員会議は、OSCEに加盟する欧州、アジア、北米の57カ国が参加する議会間組織。

関連ニュース

親の顔が見てみたい?ラブロフ外相が記者団を叱責 欧州安全保障協力機構会談で

タグ
スキャンダル, OSCE, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント