22:18 2018年12月12日
MQ-9 Reaper

ハッカーらが「ダークネット」で米国の無人機情報を100~200ドルで販売=専門家【写真】

© 写真: Public domain/U.S. Air Force photo/Paul Ridgeway
政治
短縮 URL
160

違法取引が行われている「ダークネット」で、ハッカーが米国の軍用無人機MQ-9 リーパーに関する盗んだ情報を販売した。セキュリティ技術分野の分析を行っているRecorded Future社が伝えた。

スプートニク日本

同社の専門家らは、無人機を操縦している軍人リストやマニュアルなどの情報を売っているハッカーをネットワーク内で見つけることに成功した。

なおMQ-9 リーパーに関する書類の価格は、150~200ドルだったという。

  • 米無人機「Reaper」
    米無人機「Reaper」
    © AP Photo / Eric Gay
  • 米無人機「Reaper」
    米無人機「Reaper」
    © AP Photo / Leslie Pratt, US Air Force
  • 米無人機「Reaper」
    米無人機「Reaper」
    © 写真 : US Air Force / Staff Sgt. Brian Ferguson
1 / 3
© AP Photo / Eric Gay
米無人機「Reaper」

専門家グループは書類について、南米のハッカーが以前明らかになったネバダ州にある米軍基地の軍人の脆弱性を利用して盗んだと考えている。

これは機密情報ではなかったが、それを利用して無人機の弱点を特定することが可能。

「ダークネット」は、特別なウェブブラウザでのみアクセス可能なインターネットセグメント。「ダークネット」を使って匿名で買い物ができることから、禁止薬物や武器の密売者、偽造通貨の流通業者の間で人気となった。

関連ニュース

中国ドローンに第6世代戦闘機の兆候

ロシア新型海中ドローン、強力な核魚雷を搭載へ

タグ
軍事, ハッカー, インターネット, 武器・兵器, アメリカ軍
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント