04:00 2018年11月22日
米国、新体制のメキシコと協力関係構築へ

米、新体制のメキシコと協力継続へ

© AFP 2018 / Saul Loeb
政治
短縮 URL
234

米国はメキシコのロペスオブラドール新大統領とともに2国間協力を継続していく。13日、マイク・ポンペオ米国務長官が同国の意向を明らかにした。

スプートニク日本

メキシコで開かれた記者会見でポンペオ氏は、「12月1日より、我々はロペスオブラドール大統領との協力を図っていく。同大統領との協力関係構築にあたり、メキシコ大統領選後の同国訪問は、私にとっては優先事項であった」と述べた。

同氏は、米国がメキシコ、及びカナダと共同で北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しを行う用意があるとの声明を発表している。

同氏はまた、「我々は、麻薬の需要が主として国境の米国側で発生していることは承知している」と述べたうえで、メキシコ国境における安全保障、移民問題、ならびに麻薬取引といった問題の解決へ向け、職務を遂行していくとの意向を明らかにした。

同氏はメキシコで、エンリケ・ペーニャ・ニエト現大統領、ルイス・ビデガライ外相、ならびにロペスオブラドール新大統領と会談を行った。新大統領は12月1日より大統領職務を開始する。

関連ニュース

トランプ氏、フォロワー30万人減 ツイッター

メキシコ、NAFTA先行き不確定でEUとの交渉を迅速化

トランプ大統領、近いうちにもNAFTAを撤廃することになるとの考えを示す

タグ
北米自由貿易協定, マイク・ポンペオ, メキシコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント