17:23 2018年10月18日
北朝鮮の非核化に取り組むことができるのは「核保有国5カ国」のみであり、IAEAはその権限を有していない=在ウィーン国際機関のロシア常駐代表

北朝鮮の非核化に取り組むことができるのは「核保有国5カ国」のみであり、IAEAはその権限を有していない=在ウィーン国際機関のロシア常駐代表

© AFP 2018 / Jung Yeon-je
政治
短縮 URL
195

北朝鮮の非核化に取り組むことができるのは国際的に認められた核保有国5カ国のみであり、国際原子力機関(IAEA)は核軍縮分野の権限を有していない。通信社スプートニクのインタビューで、在ウィーン国際機関のロシア常駐代表を務めるミハイル・ウリヤノフ氏が語った。

スプートニク日本

ウリヤノフ氏はインタビューで、安倍首相が提案した北朝鮮非核化のための国際機構の創設をどのように評価するかとの質問に、「このような構想は、具体化と綿密な根拠を必要とする」と答えた。

ウリヤノフ氏は「核兵器の不拡散に関する条約の規定を覚えておくことが重要だ。同条約の第1条は、核兵器国に対し核兵器を誰にも移譲しないことを義務付けており、第2条では、非核兵器国は核兵器を保有したり、それに関係してはならないとされている。したがって我々は、核軍縮に携わることができるのは、ロシア、米国、フランス、英国、中国の核保有国のみだということに立脚している。IAEAはその権限に核軍縮の任務を持つ機関ではないため、これに加わることはできない」と語った。

ウリヤノフ氏は、IAEAは原子力が民間利用から軍事 利用に転用されることを防止するために、各国の平和的な原子力計画を管理していると言及した。

関連ニュース

文大統領「北朝鮮指導者は『正常国家』建設の決意に溢れている」

安定要因としての朝鮮半島縦断ガスパイプライン

タグ
北朝鮮, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント