00:48 2018年08月22日
北大西洋条約機構(NATO)海軍艦隊がウクライナ・オデッサに寄港

ウクライナにNATO艦隊が寄港 「ロシアの脅威」が理由?

© Sputnik / Stringer
政治
短縮 URL
137

北大西洋条約機構(NATO)海軍艦隊がウクライナ・オデッサに寄港した。ウクライナ海軍の広報担当が発表した。

スプートニク日本

港には6隻の船が到着。オランダ海軍フリゲート「デ・ロイテル」、トルコのフリゲート「Fatih」、ルーマニアのフリゲート「レジェーレ・フェルディナンド」、ドイツ海軍補給艦「ライン」、トルコ海軍の掃海艇「アナムル」、ルーマニアの掃海艇「Lupu Dinescu」だ。

これらの船は黒海でウクライナ海軍とともに「PASSEX」級訓練を行う。

米海軍においてPASSEXとは、2つの異なる艦隊の演習で、軍事作戦や人道ミッションにおける連携の訓練が含まれている。専門家は、公的な理由のほかに、PASSEXは力の誇示など政治的目的で催されている。

7月9日、ウクライナ・NATO間の特別パートナーシップ条約調印20週年を迎えた。ウクライナはNATO加盟の意欲を一度ならず示している。ウクライナは加盟を確実にするため、2020年までに同国軍とNATO軍の完全な互換性を確保することを約束した。

軍事専門家アレクセイ・レオンコフ氏によると、黒海での軍事演習の頻度増加は、ブリュッセルで開催したNATO総会で採択された「ロシアの脅威」との戦いに関する決定に関係している。ロシアはまだコメントを出していない。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 軍事演習, 軍事, アメリカ軍, NATO, 米国, ロシア, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント