14:44 2018年08月19日
ポンペオ国務長官

「21年までに北朝鮮の非核化達成」目標不変=ポンペオ米国務長官

© AFP 2018 / Jim Watson
政治
短縮 URL
0 01

ポンペオ米国務長官は25日、上院外交委員会の公聴会で、トランプ大統領の任期の2021年1月までに朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の非核化を達成するという目標は変わらないと述べた。時事通信が伝えた。

スプートニク日本

ポンペオ氏は「可能ならより早く」非核化を実現したいと指摘した。また「北朝鮮が現在も核物質の生産を続けている」と認めた。一方、核物質の生産が米朝協議の進展に影響しないとの見方を示した。

さらに、北朝鮮がミサイルエンジン実験場の施設の解体を開始したとする人工衛星画像の分析情報について同様の情報を得ていることを事実上認め、「前進だ」と評価した。

米国の北朝鮮分析サイト「38ノース」は23日、7月20日に撮影した衛星写真に基づいて、北朝鮮がミサイルエンジン実験場「西海衛星発射場」の主要施設の解体を始めたと分析した

関連ニュース

トランプ氏、北朝鮮のミサイルエンジン実験場解体を歓迎

北朝鮮の非核化 短期では実現不可 米情報長官

北朝鮮の非核化に取り組むことができるのは「核保有国5カ国」のみであり、IAEAはその権限を有していない=在ウィーン国際機関のロシア常駐代表

タグ
米朝関係, 核兵器, マイク・ポンペオ, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント