20:57 2018年08月21日
ロシア外務省のザハロワ報道官

露外務省:クリミアに関するEUの新たな制裁は、破壊的政策

© Sputnik / Sergey Pyatakov
政治
短縮 URL
192

ロシア外務省は、ロシアとクリミアの再統合に関連したEUの新たな制裁を、クリミア半島の住民に対する破壊的政策と見なしている。ロシア外務省のザハロワ報道官が発表した。

スプートニク日本

報道官は「西側は、クリミアのエネルギー遮断に従事した人々を奨励し、民間インフラ施設を建設する人々を追求するという首尾一貫した行動を取っている。クリミアの住民に対する破壊的な政策だ」と述べた。

先にEUは、クリミア橋の建設に参加したロシア企業6社に対して制裁を科した。制限措置には、これら6社のEU域内におけるすべての資産凍結や、EUの個人および法人によるこれらの企業への融資禁止が含まれている。

関連ニュース

米偵察機、クリミア沿岸で確認

2014年に大統領だったらロシアにクリミア併合させなかった=トランプ氏

タグ
制裁, ロシア, クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント