20:57 2018年08月21日
セルゲイ・ラブロフ外相と河野太郎外相のモスクワでの防衛閣僚協議

ロシア、地上イージスに懸念 モスクワで外務・防衛閣僚協議

© Sputnik / Ramil Sitdikov
政治
短縮 URL
291

【モスクワ共同】日本、ロシア両政府は31日夕(日本時間同日深夜)、モスクワで外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を開き、北朝鮮の非核化に向けた緊密連携や安全保障協力の拡大で合意した。日本は北朝鮮の非核化実現への協力や、安保分野での対話を強化することで北方領土問題を進展させたい考え。ロシアは、日本が導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」への懸念を示し、対立は解消されなかった。

スプートニク日本

日ロ2プラス2は昨年3月以来3回目で、河野太郎外相と小野寺五典防衛相、ラブロフ外相、ショイグ国防相が出席。外相、防衛相会談もそれぞれ実施した。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

枝野氏、地上イージス見直しを 費用高騰で

イージスの照準はロシアではない 日本の防衛相がショイグ露国防相に確約

ロシア海軍記念日 サンクトペテルブルクで主要パレード

タグ
軍事, セルゲイ・ショイグ, セルゲイ・ラブロフ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント