12:38 2018年08月22日
チャヴショグル外相

トルコ外務省、米国の制裁措置に断固抗議

© AP Photo / Burhan Ozbilici
政治
短縮 URL
192

トルコ外務省は1日、同国法相および内相への制裁を発表した米国に対し断固とした抗議を表明するとともに、制裁の撤回を要請した。

スプートニク日本

米商務省は先に、米国人のアンドリュー・ブランソン牧師の逮捕・拘束に主導的な役割を果たしたとして、トルコのアブデュルハミト・ギュル法相およびスレイマン・ソイル内相に制裁を科したことを明らかにした。同省が伝えるところでは、両相は「重大な人権侵害」の罪に問われている。

トルコ外務省は、米国による人権と正義を理由とした制裁措置の正当化は不適切であると主張したうえで、「我々は米国の制裁決定に対し断固とした抗議を表明し、制裁の撤回を要請する」との声明を発表した。

ブランソン牧師は2016年10月、トルコ国内で「フェトフッラー派テロ組織(FETÖ)」によるクーデター未遂事件に共謀した容疑、および反政府武装組織のクルド労働者党(PKK)を支援した容疑で収監された。

トルコ裁判所は先月25日、ブランソン牧師の収監継続決定を撤回し、自宅謹慎措置に変更している。

関連ニュース

米国が貿易摩擦の悪化を促進するならば、中国は報復措置をとる-中国外務省

トルコ大統領、米国人牧師の釈放を拒否 「心理戦では屈しない」

タグ
制裁, トルコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント