00:48 2018年08月22日
クジラの肉が食べられるレストラン(アーカイブ写真)

オーストラリア、商業捕鯨再開の日本案に断固反対と明言

© AP Photo / Katsumi Kasahara
政治
短縮 URL
2108

オーストラリアは今日、日本が提案する商業捕鯨の世界的一時停止の緩和に「激しく」反対すると明言し、同じく捕鯨反対国に、日本に断固反対するよう求めた。ニュースサイトdevdiscourseが報じた。

スプートニク日本

日本は定期的に国際捕鯨委員会(IWC)による商業捕鯨禁止の緩和を求め、国際的な批判にも関わらず「科学的調査」として捕鯨を続けている。

9月にブラジルで開かれる総会で、東京はIWC科学委員会によって資源量が健全だと認められた種の捕獲量を設定することを提案する予定だと発表した。

日本の調査捕鯨 177頭を捕獲
© 写真 : Jorge Cervera Hauser
オーストラリアのビショップ外相は提案に懸念していると表明。

「私たちは30年間の商業捕鯨の世界的な一時停止を強く支持し、これをサポートするプロセスを弱めるいかなる試みにも強く反対するつもりだ。」

水産庁で捕鯨交渉を担当する諸貫秀樹氏はAFPのインタビューで6月、提案はクジラの種と日本が求める数を特定するものではないと述べた。

そのうえで、IWCがいくつかの種をこれ以上絶滅危惧種ではないと分類したことを指摘した。

日本はまた、IWCの意思決定プロセスの変更を目指しており、提案の採択に必要な支持を現在の3分の2から過半数以上に変えたい。

毎年行われる直近の捕鯨で、日本は333匹のミンククジラを捕獲し、うち122匹は妊娠していたと報告した。

タグ
環境, 動物, びっくり, 事件, 戦争・紛争・対立・外交, 日本, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント