07:16 2018年10月22日
国連事務総長「核戦争の恐怖は現在まで存続」

国連事務総長「核戦争の恐怖は現在まで存続」

© AP Photo / Steven Governo
政治
短縮 URL
0 22

世界における核軍縮プロセスは停滞し、さらに地球上では現在に至るまで核戦争の恐怖が存続していると、国連のグテーレス事務総長が9日、米国による長崎への原爆投下による犠牲者を追悼する式典での演説で述べた。

スプートニク日本

グテーレス事務総長は、「核戦争の恐怖は現在に至るまで残り続けている。核大国は核兵器の近代化に多額の資金を費やしている。さらに、世界における核軍縮プロセスは遅れ、ほとんど停止している」とし、「軍縮、中でもまず第一に核の軍縮は、地球上に平和を確立して人々の生命を守る手段である」と述べた。

グテーレス事務総長はまた、国際共同体に対して「被爆者」の声に耳を傾けるよう呼びかけ、広島と長崎の悲劇が今後決して、世界で繰り返されてはならないと指摘した。グテーレス氏は、長崎での追悼式典に出席した最初の現職国連事務総長となった。

関連ニュース

国連事務総長、訪朝の可能性も

タグ
国連, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント