07:38 2018年11月21日
露外務省とクレムリン

プーチン大統領がヨルダン国王と電話会談 シリア情勢を巡り意見交換

© Sputnik / Natalia Seliverstova
政治
短縮 URL
0 100

ウラジーミル・プーチン露大統領は21日、ヨルダン国王のアブドゥッラー2世と電話会談を行い、シリア情勢を巡り意見を交換した。露政府が明らかにした。

スプートニク日本

露政府は、「プーチン大統領とアブドゥッラー2世が電話会談を行い、シリア危機に対するさまざまな解決策が話し合われた。両国の関係省庁や機関における効果的な協力の重要性が指摘され、特にシリア難民の帰還の保証に焦点があてられた」と伝えている。

両首脳は、ロシア・ヨルダン外交関係樹立55周年を祝い、友好的・建設的な協力関係に満足の意を表した。

プーチン大統領はまた、グルバン・バイラム(犠牲祭)を迎えたアブドゥッラー2世とヨルダン国民に祝いの言葉を述べた。

関連ニュース

米国の制裁 シリア、ウクライナは理由ではない 目的はロシア抑止 露外相

トランプ大統領「対シリア経済援助は他の裕福な国々の責任」

ロシア シリア沿岸に「カリブル」巡航ミサイル搭載船を派遣

タグ
ウラジーミル・プーチン, ヨルダン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント