01:58 2018年12月12日
ドゥテルテ比大統領(アーカイブ写真)

「侮辱したのに」ドゥテルテ比大統領、米を批判し戦闘機購入を拒否

© REUTERS / Dondi Tawatao
政治
短縮 URL
1321

フィリピンのドゥテルテ大統領は、戦闘機F16が「全く役に立たない」として、米国からの購入の提案を退けた。スプートニク・インターナショナルが報じた。

スプートニク日本

ドゥテルテ氏はダバオ市で兵士を前に演説し、「私たちにF16は必要ない。なのにあいつら(米国)はそれでも、私たちを侮辱した後でさえ、この問題を提起する」と述べた。

マティス米国防長官、ポンペオ米国務長官、ロス商務長官が、戦闘機購入を提案する書簡をドゥテルテ氏に送った。ドゥテルテ氏は、米国のこの動きが、フィリピン政府への無数の攻撃のあと「仲直り」しようとする試みに見えると述べた。

ドゥテルテ氏は、武装勢力との戦いのため、F16ではなく軽ピストエンジン機が必要だと強調。また、米がフィリピン軍の現代化を阻害しようとしていると批判。

「私たちは友人だが、これは、何年も前にあんた方が私たちを植民地化したからだということを、覚えておく必要がある。私たちはこうした友情に同意しなかった。」

麻薬撲滅作戦がフィリピンで開始したのは昨年5月、ドゥテルテ大統領の就任後すぐ。作戦でフィリピン政府軍は160人以上の兵士を失い、1700人以上が負傷、800人のイスラム過激派が殲滅された。

関連ニュース

タグ
戦闘機, びっくり, 軍事, 戦争・紛争・対立・外交, マイク・ポンペオ, ジェームズ・マティス, ロドリゴ・ドゥテルテ, 米国, フィリピン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント