22:24 2020年06月01日
政治
短縮 URL
0 26
でフォローする

シリアに対する重大な挑発行為が近いうちに行われる可能性をロシア政府は除外していないと、ロシアのリャプコフ外務次官が25日、スプートニクに対して述べた。

スプートニク日本

リャプコフ外務次官は、「重大な挑発行為を利用したこの案が、(シリアに対する)その後の攻撃を伴うとのシナリオは、全くあり得るものだ」と強調した。

関連ニュース

米、シリア攻撃のためペルシャ湾に駆逐艦移動

シリア沿岸展開のロシア小艦隊、巡航ミサイル「カリブル」搭載艦でさらに強化へ【写真】

タグ
ロシア外務省, 欧州, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント