08:16 2018年12月11日
ロシア、英情報機関がシリアで化学兵器攻撃を準備しているとして非難

ロシア、英情報機関がシリアで化学兵器攻撃を準備しているとして非難

© AP Photo / Sergei Grits
政治
短縮 URL
0 181

英情報機関はシリアのイドリブで挑発行為を準備しており、化学兵器が使用される可能性もある。ロシアのアナトリー・アントノフ駐米大使が発表した。

スプートニク日本

大使は「英情報機関の積極的な参加の下で準備されている挑発行為は、西側の『トロイカ』(米国、英国、フランス)が、シリア・アラブ共和国の軍事及び民間インフラを再び空爆・ミサイル攻撃するためのきっかけとなるかもしれない」と述べた。

また大使は、「我々はシリアに対するいつもの根拠のない、かつ不法な侵略を米国に警告した」と述べ、同情報を米国務省に伝えたことを明らかにした。

8月27日、ロシア国防省は、米国が軍備を増強し、シリアに対する攻撃を準備していると発表した。

国防省によると、米国は56発の巡航ミサイルを搭載した駆逐艦The Sullivansをペルシャ湾に、戦略爆撃機B-1Bをカタールのアル・ウデイド空軍基地に移動させた。

タグ
軍事, 化学兵器, ロシア, 英国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント