17:45 2018年12月12日
米ホワイトハウス

米、ウクライナ軍への武器供給に前向きな姿勢

© Sputnik / Aleksey Agaryshev
政治
短縮 URL
0 314

米国のカート・ボルカー・ウクライナ特使は英紙ガーディアン(The Guardian)の取材を受け、ウクライナ海軍および防空網の強化へ向け、同国に対する武器供給を増加させていく意向を明らかにした。

スプートニク日本

ボルカー特使は、「ウクライナが軍事力を強化し、防衛力を高めることは至極当然のことだ。また、同国が他国に支援を要請し、要請を受けた国々が同国を支援する必要があるのは当然だ」と述べた。

ボルカー特使は、米国はウクライナ軍にとり必要になる武器に関して協議する用意があることを明らかにした。同特使はまた、ウクライナにおいては海軍および防空網の強化が必要との考えを示した。

ウクライナ東部ドンバス地方の紛争激化に繋がるとの懸念から、ロシアは一貫してウクライナに対する武器供給に慎重な姿勢を示してきた。ドミトリー・ペスコフ露大統領報道官は、同国への武器供給は同地方における紛争解決およびミンスク和平合意の実現を促すものではないとの見方を示している。

関連ニュース

ウクライナ大統領補佐官、同国情報機関のザハルチェンコ氏暗殺関与ほのめかす

ロシア、国連安保理での北朝鮮報告書の採択を凍結

ドネツク人民共和国の指導者、死亡 ドネツク中心のカフェの爆発で【写真】

タグ
軍事, 戦争・紛争・対立・外交, 武器・兵器, ウクライナ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント