05:47 2018年12月15日
イドリブ(アーカイブ写真)

クレムリン、シリアでの作戦に関するトランプ大統領の言葉にコメント

© AFP 2018 / Omar Haj Kadour
政治
短縮 URL
161

ロシアのペスコフ大統領報道官が、イドリブ県での作戦に関するトランプ米大統領の言葉にコメントした。これに先立ち、トランプ大統領はツイッターで、シリアのアサド大統領やその同盟国であるイランとロシアに対し、イドリブ県に「無謀な攻撃」をしてはならないと警告し、そのような攻撃は数十万人の人々の命を奪う可能性があると述べていた。

スプートニク日本

ペスコフ報道官は、「この問題については、処理することが不可欠だ。我々は、シリア軍がこの問題の解決に向け準備しつつあることを知っている。だが、シリア情勢全てにとって非常に危険で否定的な潜在的可能性に注意を払うことなく、何らかの警告を簡単に表明することは、恐らく、不完全で非包括的なアプローチだ」と述べた。

また、ペスコフ報道官は、イドリブ県における情勢が、ロシア・トルコ・イラン3カ国によるシリアに関する首脳会談の主要議題の一つになると明らかにした。同首脳会談はテヘランで7日、3カ国の大統領らが参加して行われる。

解放の進むシリアの中でも北部のイドリブ県は唯一、違法な武装勢力の掌握下にある。最近のイドリブ情勢は緊迫化が進んでいる。

ロシアのラブロフ外相は先に、シリアのイドリブで化学兵器を使用した挑発行為が計画されていることに疑いはないと述べた。ロシア国防省は、巡航ミサイルを搭載した艦船や航空機が中東地域に集結していると発表した。なお米国防総省は、戦力増強を否定した。

関連ニュース

シリア外相 国連の発表の復興見積に同意せず

マスコミ、シリアに関する国連の秘密指令文書を公開

タグ
軍事, ドナルド・トランプ, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント