11:18 2018年09月19日
ソールズベリー

ソールズベリー事件の英国の帰結に仏独米カナダも合流

© Sputnik / Alexey Filippov
政治
短縮 URL
スクリパリ氏服毒事件 (105)
5112

ドイツ、米国、フランス、カナダは、露軍参謀本部情報総局(GRU)の元大佐のスクリパリ氏と娘のユリア氏の有毒物質による中毒事件について、ロシア軍部の諜報機関の職員に毒を盛られたとする英国側の帰結を支持する声明を表した。同声明はドイツ内閣報道部の発表した共同声明に明らかにされた。

スプートニク日本

共同声明には「このオペレーションはかなりの確率で政府の最高レベルで承認されたものだった」と書かれたほか、4か国はロシアに対し、神経剤「ノビチョク」開発プログラムの詳細をすべて明らかにするよう呼びかけた。

これについてロシアのネベンジャ国連大使は、「ロシアは国連の場でスクリパリ事件について何か新たなことを耳にできると期待していたが、聞いたのはうその寄せ集めだった」とコメントした。

関連ニュース

英警察、スクリパリ親子毒殺未遂の容疑者を特定か

英政府はスクリパリ父娘を強制隔離している可能性=露外務省

トピック
スクリパリ氏服毒事件 (105)
タグ
制裁, 欧州, 英国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント