19:02 2018年09月19日
駐日ロシア大使のミハイル・ガルージン氏

ロシアはサハリン・北海道間のビザなし制度について交渉を継続

© Sputnik / Mikhail Klimentyev
政治
短縮 URL
東方経済フォーラム2018 (42)
260

駐日ロシア大使のミハイル・ガルージン氏は、東方経済フォーラムの場で、ロシアはサハリンと北海道間のビザなし制度の実施に向け、作業を継続することを表明した。

スプートニク日本

ガルージン大使は「我々は、サハリンと北海道間の国境を自由に往来できる制度の実施に向け、作業を継続する。このテーマについて対話を継続する」と述べた。

サハリン
CC BY 3.0 / 100yen / Karafuto(Sakhalin) overlooked from the Soya cape (Cropped photo)
同氏によると、これはサハリンと北海道間のビザなし往来のことで、「これがどのようなものとなるのか、どのような形をとるのか、それが対話のテーマだが、我々にはまだ(どうなるか)分からない。しかし、このような自由な国境の往来の相互に受け入れ可能な基準について、日本側と合意するのが我々の目的だ」と補足した。

関連ニュース

サハリン-北海道間の橋プロジェクト 安倍首相は「専門家の議論が必要」

北海道とサハリン、ロシア大陸部をつなぐプロジェクト すでに実現化へGO

トピック
東方経済フォーラム2018 (42)
タグ
経済, 露日関係, ロシア外務省, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント