11:15 2018年09月19日
ポンペオ米国務長官(アーカイブ写真)

米国務長官、露に警告 「介入した場合は厳しい報いを」

CC BY-SA 2.0 / Gage Skidmore / Mike Pompeo
政治
短縮 URL
1714

マイク・ポンペオ米国務長官はロシアを含む国々に対し、米選挙に介入した場合には厳しい「報い」が待ち受けていると警告した。

スプートニク日本

ポンペオ国務長官は記者団に対し、「ロシアはここ数年、米国の不安定化を狙いサイバー攻撃や虚偽の情報を流すなどして、とりわけ攻撃的な姿勢を示してきた。(米選挙介入に対する制裁を定めた)大統領令が示すように、ロシアやその他国々の政府、個人、企業が米選挙に介入したと判断されれば、彼らに迅速かつ厳しい制裁が下るだろう」と述べた。

ロシアは米大統領選をはじめとする様々な国々の選挙に介入したとして、幾度となく批判を浴びている。一方、ドミトリー・ペスコフ露大統領報道官は「事実無根」と主張している。また、セルゲイ・ラブロフ露外相は米大統領選介入の疑いを受け、同国選挙への介入を立証する事実は皆無だと述べている。

関連ニュース

NATO事務総長、対露関係に言及 「我々はロシアとの対立を望んでいない」

米国防総省、NGO組織「ホワイトヘルメット」を英雄と評価

タグ
露米関係, マイク・ポンペオ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント