11:16 2018年09月19日
米国務省ウクライナ問題特別代表のカート・ヴォルカー氏

米、ウクライナへの更なる武器供与の協議に意欲

CC0
政治
短縮 URL
1113

米国は防衛力向上を求めるウクライナと話合う準備がある。米国務省ウクライナ問題特別代表のカート・ヴォルカー氏は15日、ウクライナ首都キエフで開催されたヤルタ欧州戦略会議(YES)の記者会見で明らかにした。ウクライナの通信社「ウクリンフォルム」が報じた。

スプートニク日本

「オバマ前米大統領はウクライナへの致死性兵器の供与を禁止したが、現在、私たちは手渡している。現在、私たちはウクライナの防衛力を高める準備がある。もちろん、すでに向上されているが、幾つかの問題もある。私たちは、どこに問題があるか言うことができる。私たちは座って、ウクライナのニーズについて話し合う用意がある。彼らは一定のものを買うことができる。」

ウクライナの通信社「ウクリンフォルム」によると、ヴォルカー特別代表は、ウクライナと米国がこれを続けていき、通常のビジネスになるだろうと付け加えた。

「こうして、ウクライナは自国の防衛力を高めていく。」

関連ニュース

米、ウクライナ防衛費に2億ドル拠出

ウクライナにNATO艦隊が寄港 「ロシアの脅威」が理由?

タグ
軍事, 米国, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント