11:43 2018年10月16日
ウクライナ海軍の艦艇(アーカイブ写真)

ウクライナ海軍の艦艇がロシアの排他的経済水域に入る

© 写真: VMSU.info/A. Brichevskiy
政治
短縮 URL
2316

22日、ウクライナ海軍の艦艇が、ロシアの排他的経済水域に入った。ロシア連邦保安庁クリミア支部国境局が伝えた。

スプートニク日本

国境局によると、ウクライナの船「ドンバス」とタグボート「コレーツ」がクリミアの海岸近くに位置しており、北東の方向に進んでいる。

なお、「ロシアの安全を確保するために」ロシアの沿岸警備隊の艦船が、ウクライナの艦艇に随行しているという。

先にウクライナ当局は、アゾフ海における軍事プレゼンスを強化する意向を表明した。特にウクライナ陸軍司令官のセルゲイ・ポプコ大将は、ウクライナがアゾフ海の沿岸地域に部隊を移動させたと語った。またウクライナ当局は、年内に同地域に海軍基地を設置する意向を表明した。

関連ニュース

ウクライナ大統領 ロシアとの友好条約を破棄する大統領令に署名

米、ウクライナへの更なる武器供与の協議に意欲

タグ
軍事, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント