19:32 2018年10月18日
トルコのエルドアン大統領

エルドアン大統領、シリアのクルド人勢力援助を巡り米国を批判

© AFP 2018 / Adem Altan
政治
短縮 URL
0 142

トルコのエルドアン大統領は、米国によるクルド民主統一党(PYD)、および同党武装部門のクルド人民防衛隊(YPG)への援助がシリアの不安定化をもたらしているとの見方を示した。

スプートニク日本

エルドアン大統領はロシアの政治・経済紙「コメルサント」のコラムで、「残念だが、今日、とりわけ米国によるPYDやYPG等の勢力への援助が続いている。シリアの安定と平和を損なう米国の歩みを止めなければならない」と述べた。

ロシア・トルコ両首脳は先に、来月15日までにシリア・イドリブ県における反体制派軍と政府軍の接触ライン沿いに非武装地帯(DMZ)を設ける方針で一致した。また、両国国防相は同県のDMZにおける情勢の安定化に関するメモランダムに署名している。

エルドアン大統領は、PYD・YPG等の勢力の支配下にある地域の解放を重点的に進めていく意向を明らかにした。同大統領はまた、同勢力との闘いを巡り、ロシア側の援助に期待を示した。

関連ニュース

露国防省:シリアのイドリブでの化学兵器を使った挑発行為の準備は、9月8日夜までに完了する見込み

シリア 露米軍事衝突の脅威が復活

タグ
レジェップ・エルドアン, シリア, トルコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント