20:06 2018年10月22日
ドイツのハイコ・マース外相

独外相、欧州・米国関係の構造的変化を指摘

© REUTERS / Stefanie Loos
政治
短縮 URL
110

ドイツのハイコ・マース外相はドイツ通信社(DPA)の取材を受け、欧州・米国関係における構造的変化について語った。同国紙「ディー・ツァイト」が報じた。

スプートニク日本

マース外相は、これまで重要問題の決定に際しては複数回の協議がなされ、あらゆるレベルにおいて緊密な協力のもとで判断が下されていたことを指摘した上で、「今日、我々は米国政府の決定をツイッターを介して知り得ている。米国民も同国政府の決定に関する情報をツイッターから入手している印象が私にはある。これは協力関係を変化させている」と述べた。

マース外相はまた、「多くの者がトランプ大統領が去るのをただ待っていればよいだろうと考えているが、この判断は間違っているように思われる。大西洋両岸関係において構造的変化が生じており、この影響はトランプ政権が退いてからも消えることはない。それゆえドイツ、そしてとりわけ欧州は変化に戦略的に適応していく必要がある」との考えを示した。

欧州の対米関係は米国のイラン核合意、および鉄鋼・アルミニウムに対する関税導入を背景に悪化した。

関連ニュース

エルドアン大統領、シリアのクルド人勢力援助を巡り米国を批判

トランプ氏、自身の解任画策に反応

タグ
欧州, 米国, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント