09:04 2018年10月23日
日米首脳夕食会

日米首脳夕食会、北朝鮮・通商を協議【写真】

© 写真: Official Website of the Prime Minister of Japan and His Cabinet
政治
短縮 URL
0 44

安倍首相とトランプ米大統領が23日夜(日本時間24日午前)にニューヨークで開いた夕食会では、朝鮮半島の非核化に向け緊密に連携することで一致したほか、日米通商問題についても意見交換が行われた。日本経済新聞が伝えた。

スプートニク日本

同紙によると、夕食の前にも30分間の話し合いが行われたという。

​安倍首相は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による日本人拉致被害者家族と23日に面会したことを踏まえ、トランプ大統領に同家族からのメッセージを伝えた。トランプ大統領は、6月の米朝首脳会談で北朝鮮の金正恩委員長に日本の立場を伝達したことを改めて説明。

首相は夕食会後に会見を行い、「拉致問題の解決のために、次は私自身が金正恩氏と向き合っていく。あらゆるチャンスを逃さない決意で取り組んでいく」と強調した。

​両首脳は通商問題に関しても議論。首相は、「日米間だけでなく、様々な米国の通商にかかわる話について、お互いに率直な意見交換ができた」と述べた。

トランプ大統領は夕食会前、対日貿易赤字への対応で日本の譲歩を引き出したい考えをツイッターで示していた。今回の夕食会を踏まえ、日米双方は24日(同25日)にニューヨークで閣僚級の貿易協議(FFR)を開き、米側が求める2国間の関税協議に入るか議論する。

​両首脳は26日(同27日)に改めて会談し、2国間の関税協議に関し最終判断する。

関連ニュース

安倍首相:プーチン大統領と首脳会談を重ねていきたい

「真珠湾攻撃を忘れてはいないぞ」トランプ氏の奇妙な弁に安倍首相はショック WP紙

タグ
日米関係, ドナルド・トランプ, 安倍晋三, 日本, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント