20:06 2018年10月22日
ロシアのS-300システム(アーカイブ写真)

米国はS-300が米国の安全保障を損なっていると述べて狡猾に振舞っている=露外務省

© Sputnik / Valery Melnikov
政治
短縮 URL
1161

ロシア外務省不拡散・軍備管理局のウラジーミル・エルマコフ局長は、米国はロシアのS-300システムの供与が米国の国家安全保障を損なっていると述べて狡猾に振舞っているとの考えを表した。

スプートニク日本

エルマコフ局長は通信社スプートニクに「システムはきわめて防衛的なものであるため、防衛兵器が米国の国家安全保障を損なっていると述べる米国は狡猾である」と語った。

またエルマコフ氏は、米国家安全保障問題担当大統領補佐官のジョン・ボルトン氏が、シリア軍に地対空ミサイルシステムS-300を供与するというロシアの計画は、ロシアによるシリア情勢の「重大なエスカレーション」を意味することになると主張したことに、次のようにコメントした-

「実際のところ、このような行動は地域の安定につながる。なぜなら、必要であれば必要な空域を閉鎖することができ、まず、シリア政府の招待で国際的な義務を果たしているロシアの兵士たちが保護されることになるからだ」。

関連ニュース

ロシア、2週間以内にS-300をシリアに供与へ

ラブロフ外相「イドリブにいるテロリストに国外から補給」

タグ
武器・兵器, 米国, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント