15:04 2018年10月24日
文在寅(ムン・ジェイン)大統領

文大統領「朝鮮半島での米軍駐留は統一後も必要」

© AP Photo / Ahn Young-joon
政治
短縮 URL
1115

韓国の文在寅大統領が、朝鮮半島における米軍の駐留について、同半島が統一した場合であっても不可欠であり続けると述べた。

スプートニク日本

文大統領はFOXニュースとのインタビューで、米軍が同半島を去ることを文大統領が望んでいるかとの質問に対し、否定的に答えた。

文大統領は、「私が言えることは、韓国における米軍の駐留が好都合なのは、北(朝鮮民主主義人民共和国)を抑止する面においてだけではなく、駐留が北東アジア地域全体における平和と安定の維持において支柱となる役割を果たしてもいるからだということだ。終戦宣言が署名された後であっても、統一後であっても、平和と安定の維持のため、朝鮮半島における米軍の駐留に私は必要性を見出している」と述べた。

文大統領は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩委員長との18日の会談で、韓国における米軍の配備問題について、「終戦宣言、あるいは平和条約とは無関係に、韓米両国による決定次第である」と述べ、金委員長はこのことに同意しているとも強調していた。

関連ニュース

韓国 国民の8割超が金正恩氏のソウル訪問に期待

北朝鮮、新たな国際的法制度の構築を提案

タグ
米国, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント