07:29 2018年10月21日
ポロシェンコ大統領

国連総会 ウクライナのポロシェンコ大統領が間違えてラブロフ外相の会談用の部屋に入り、気まずい状況に

© REUTERS / Eduardo Munoz
政治
短縮 URL
0 160

国連総会の会合に出席しているウクライナのペトロ・ポロシェンコ大統領が、間違えてロシア代表団のいる部屋に入った。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

ポロシェンコ大統領は、ハイレベル行事「調停のための活動」に向かったが、ロシアのラブロフ外相の会談用に用意された部屋の扉を間違えて開けて

まった。会談の待合室に入ったポロシェンコ大統領は周囲を見回し、自分が「ロシア領土」にいることに気づき、部屋を出た。

ポロシェンコ大統領は、ロシアメディアの質問に答えるのは拒否し、トランプ米大統領のスタイルで、すべて「フェイクニュースだ」と述べた。

なおラブロフ外相は、ポロシェンコ大統領が部屋に入ってきたことについて「おそらくトイレと間違えたんだろう」とコメントした。

関連ニュース

トランプ大統領、国連総会で「自慢」 各国代表の失笑を買う

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント