03:48 2018年12月11日
在ロンドン露大使館

ロシア大使館、英に「サイバー攻撃」の情報共有を要請

© Sputnik / Alexey Filippov
政治
短縮 URL
1112

在英ロシア大使館は英外務省に、ロシアが英国にサイバー攻撃を試みたという批判の根拠となる情報の即時共有を要求する書簡を送ったと発表した。

スプートニク日本

化学兵器禁止機関(OPCW)のピーター・ウィルソン常任代表は、「英外務省のコンピュータシステムを脅かすロシア連邦軍参謀本部情報総局の試み」と英軍化学兵器ポートンダウン研究所のコンピューターネットワークへの「ロシア連邦軍参謀本部情報総局の侵入」が試みられたと発表した。

英政府はさらに4日、ロシア軍諜報機関が「英国の小規模なテレビ局の電子メールハッキングと情報盗難」に対して責任を負っているのは「ほぼ確実」だと発表した。

ドイツも英国とオランダに続き、ロシアのサイバー攻撃を批判。ドイツのシュテフェン・ザイバート政府報道官は、OPCWに対するサイバー攻撃の試みに関するオランダと英国の発表に完全な信頼を持っていると発表した。

関連ニュース

ロシアによる化学兵器禁止機関へのハッカー攻撃は一切なく、ありえない=露外務省筋

オランダ国防省、化学兵器禁止機関に対するサイバー攻撃の容疑でロシア人4人を国外追放

タグ
ハッカー, 制裁, 欧州, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント