13:31 2018年12月19日
金正恩委員長とポンペオ米国務長官

北朝鮮は核実験場の廃棄を確認するために国際査察官を受け入れる用意がある=ポンペオ国務長官

© REUTERS / KCNA
政治
短縮 URL
0 61

北朝鮮を訪問し、同国の金正恩朝鮮労働党委員長と会談したポンペオ米国務長官は、金正恩氏が北朝鮮の豊渓里核実験場の廃棄を確認するために国際査察官を受け入れる用意があることを明らかにした。なお、受け入れ時期については今のところ不明。

スプートニク日本

ポンペオ氏は、金氏との会談では朝鮮半島の非核化に関して「大きな進展」に達したことを伝えた。

またポンペオ氏は、米朝が金氏とトランプ米大統領の2回目の首脳会談の日時と場所に関する合意に「かなり近づいている」ことを明らかにした。

北朝鮮の核実験場廃棄に向けた技術的な準備は5月12日に始まり、5月15日に米国の観測筋は廃棄作業の開始を確認した。北朝鮮は5月24日、核実験場を廃棄し、外国人ジャーナリストが式典に出席した。実験場の坑道3本や観測所が爆破された。

関連ニュース

ポンペオ米長官、北朝鮮の完全非核化に楽観的

金委員長、北朝鮮にあるミサイル実験場破壊をトランプ大統領に約束

タグ
核兵器, 訪問, 金正恩, マイク・ポンペオ, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント