05:04 2018年12月13日
ロシアで働く北朝鮮労働者

ロシアの北朝鮮労働者は制裁に違反なし 国連決議以前に雇用契約を締結

© Sputnik / Vitaliy Ankov
政治
短縮 URL
0 93

ロシアが制裁に違反して朝鮮民主主義人民共和国からの出稼ぎ労働者を雇用しているとの非難について、ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は声明を表し、ロシアで働く北朝鮮出身労働者は、国連安保理の決議の前に雇用契約を締結した人々だと反論した。

スプートニク日本

ザハロワ報道官は「こうした非難には一切根拠がない。労働契約によりロシア連邦領内にいる朝鮮民主主義人民共和国出身の労働者はみな、国連安保理決議の項目に書かれているように例外なしに2017年9月11日以前に契約を結んでおり、2019年12月22日までの間、労働活動を行うことができる」と述べた。

2017年12月、国連安全保障理事会は、核開発に充当される恐れがある北朝鮮の外貨獲得を減らすため、外国で働く同国の労働者の新規雇用を禁じた。一方、現行の契約の場合は2年間の延長が認められた。

関連ニュース

クリル諸島射撃訓練への日本の抗議に露外務省がコメント

北朝鮮、新たな国際的法制度の構築を提案

タグ
制裁, 国連, 北朝鮮, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント