12:43 2018年11月14日
砂漠

トルコ紙、中東がどのようにロシアの影響下に移行するかを報じる

© AP Photo / Abdeljalil Bounhar
政治
短縮 URL
193

トルコ紙Sabahは、サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が殺害される事件が起きた後、ロシアは非常に有利な立場にあると報じた。

スプートニク日本

同紙は、カショギ氏の事件は米国とサウジの同盟の弱さを露呈したとの見方を示し、両国間の不信の雰囲気を受け、サウジは米国の代替国を探さなければならず、脅迫を躊躇しないトランプ米大統領は、自ら米国の長年の同盟国をロシアと中国との協力へ向かわせていると指摘している。

Sabahはまた、このような背景の下、ロシアは、トランプ政権のミスを待ちながら、適切な時期に「外交の急変を開始している」と報じている。

「西側同盟の弱点をよく知っているリーダーとして、プーチン大統領はその瞬間を利用している。中東におけるその地位を強化する新たな措置を講じている」

さらにSabahは「米国は非常に安い価格で徐々にロシアにその影響範囲を与えている」と報じている。

また同氏は、ロシアはエジプトとのコンタクトを確立し、地域の他の問題にも注意を払っており、ホワイトハウスが(トルコで長期間拘束されていた)ブランソン牧師の解放に歓喜している時に、トルコと米国の関係を脅かしているユーフラテスの東側にクルド人民防衛隊を通じて「準国家」を創ることについて米国を非難していると報じている。

関連ニュース

サウジ総領事 記者失踪で立ち入り検査が発表後、トルコを出国

行方不明のサウジ記者、殺害時に自ら録音か

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント