12:42 2018年11月14日
ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)

ボルトン氏、対北制裁圧力維持の意向を露政府に通知か ブルームバーグ通信

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
政治
短縮 URL
0 37

ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が対北朝鮮制裁を巡り、露政府に対し制裁圧力維持の方針を通知する意向であることが明らかになった。米ブルームバーグ通信が伝えた。

スプートニク日本

同通信社は、「米高官によると、ボルトン氏は北朝鮮政府が非核化を実現するまでは、同国に対する制裁圧力を維持すると露政府に通知する意向だ」と伝えている。

同通信社はまた、露中が対北朝鮮制裁の見直しを検討している一方で、米政府がそれに同意を示していないとしている。

セルゲイ・ラブロフ露外相は先に、ロシアは朝鮮半島の非核化交渉プロセスの促進において中国と同意する必要があるとの考えを示した。

一方、ユーリ・ウシャコフ露大統領補佐官は先に、ボルトン氏が10月22~23日の日程でロシアを訪問し、ラブロフ外相と会談を行う予定であると明らかにしている。

関連ニュース

日米韓の国防相が対北朝鮮制裁を討議

ローマ法王 北朝鮮訪問の意思を表す

タグ
核問題, 北朝鮮, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント