09:31 2018年11月18日
露米安全保障担当 シリア、イラン、北朝鮮情勢を協議

露米安全保障担当 シリア、イラン、北朝鮮情勢を協議【写真】

© 写真 : Press-service of Security Council
政治
短縮 URL
130

訪露したボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記と会談を行った。兵器分野の合意のテーマ、シリア、イラン、北朝鮮、テロとの戦いに関して協議した。在露米国大使館がツイッターで発表した。

スプートニク日本

「ジョン・ボルトン氏はモスクワ訪問を、ロシア安全保障会議書記のニコライ・パトルシェフ氏との会談で開始した。双方は兵器分野の合意のテーマ、シリア、イラン、北朝鮮、テロとの戦いを含む幅広い問題を協議した」

​関連ニュース

ボルトン米補佐官、INF脱退を主張=英紙

露上院国防委員「米国はロシアのINF全廃条約違反を証明できない」

タグ
露米関係, シリア, 北朝鮮, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント