05:46 2018年11月21日
グテーシス国事務総長

国連事務総長が期待 露米は中距離核戦力全廃条約の解決策を見出す

© AP Photo / Steven Governo
政治
短縮 URL
121

アントニオ・グテーシス国事務総長は、ロシアと米国が破棄を表明した中距離核戦力全廃条約について、露米は最終的には条約についての意見の相違を失くす方法を見つけるだろうとの見方を示している。ファルハン・ハク事務総長副公式報道官は22日、記者団に対してこうした声明を表した。

スプートニク日本

ハク報道官は、「事務総長は米国の(条約破棄の)声明については知っているが、それでも2国は意見の相違を解決せねばならないという点で一致するだろうとの期待している」と語っている。

ハク報道官は、グテーシス事務総長が5月に露米に対し、「新たな核の脅威の出現を阻止するため、新たなアプローチをする」よう呼びかけたことを指摘した。

これより前、トランプ米大統領は中距離核戦力全廃条約についてロシアがこれに違反している以上、自国は順守の構えになく、破棄するという声明を表していた。トランプ大統領は米国は条約を破棄し、軍拡を行うという意向も表している。

関連ニュース

露大統領報道官:米国のINF全廃条約からの離脱は世界をより危険なものにする

タグ
露米関係, 国連, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント