13:45 2018年11月18日
トランプ大統領

トランプ大統領「対中露圧力のため今後核戦力増強」

© AP Photo / Carolyn Kaster
政治
短縮 URL
0 16

米国は中国とロシアに対して圧力を加える目的で核戦力を増強する準備ができており、今後そうしていくとトランプ米大統領が述べた。ロイター通信が伝えた。

スプートニク日本

ロイター通信によると、トランプ大統領は、「彼ら(ロシア)が正気に戻るまで、我々はそれ(核軍備)を増強していく」と述べ、このことを可能にする巨額の資金を米政府が保有していると指摘した。

中距離・短距離ミサイル廃棄条約は、1987年に米国とソ連が調印し、翌1988年発効した。双方は、自国の射程1千から5500キロの中距離ミサイルと、射程500から1千キロの短距離ミサイルを完全に廃棄する義務を負っている。1991年までに合意は遂行され、2001年まで双方の間で相互査察が続けられた。なお欧州諸国を含めた他の国々は、相変わらず、中短距離ミサイル保有が可能とされている。

これまでも米国政府の複数の高官は、中距離・短距離ミサイル廃棄に関する条約に違反しているとの理由で、ロシアに対する経済的軍事的措置導入の可能性について、繰り返し述べてきた。しかし、いかなる決定も下されておらず、公式的な証明も提案されていなかった。

関連ニュース

ディフェンス・ニュース、露中を原因とした米国の防空戦略の変更について報じる

米国、南シナ海の軍事化に懸念=米国防長官

タグ
軍事, ミサイル, 武器・兵器, ドナルド・トランプ, ロシア, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント