20:31 2018年11月15日
スイス(アーカイ写真)

スイスで「ロシアのスパイ」に関する調査が始まる

© Flickr/ ITU Pictures
政治
短縮 URL
136

スイスの検事総長は、同国シュピーツにある研究所に対するハッカー攻撃の疑いが持たれているロシア人2人の「政治的諜報活動」に関する調査を開始するよう連邦議会から命じられたことを確認した。

スプートニク日本

先に、検事総長の事務所の代表者が調査の開始について発表していた。

9月、スイスのマスコミは、同国の首都ベルン近郊にある核兵器、生物兵器、化学兵器分野の専門家が働いていた研究所でスパイ活動を行おうとしていたというロシア人2人が、今年春にオランダのハーグで逮捕されたと報じた。なおその後、オランダ当局はこのロシア人2人を国外追放したと伝えられた。

ロシア外務省は、ロシアの情報機関に対する証拠のない非難は受け入れられないと発表し、それに対するいかなる証拠もない「スパイ・ヒステリー」の高まりは、ロシアとスイスの関係にとって有益なものにはならないと指摘した。

関連ニュース

米財務省の女性職員、「ロシア疑惑」機密データの漏洩で訴追

スノーデン氏の恋人が明かす 世界一有名な「スパイ」とのモスクワ生活【写真】

タグ
事件, 事故, スキャンダル, ロシア, スイス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント